淵野会について

〒870-0307
大分県大分市坂ノ市中央5-1-21
TEL:097-592-2181
FAX:097-592-5327

MAP

理念

「歩み入る者に安らぎを、去り行く人に幸せを。」

これは、ドイツ中世の町ローテンプルクのシュピタル(ホスピタル)の門の石刻の言葉です。
私たちは、「病める人にあたたかい手を差し伸べ、支え、癒し、安らぎと幸せを与える。」
心の通う医療を提供します。

医療法人 淵野会 理事長 渕野 勝弘

基本方針

  1. 患者さま本位の医療と看護を実践します。
  2. 患者さまの人権尊重と医療倫理の遵守による安心できる質の高い医療を創造していきます。
  3. 地域社会に貢献できる病院を目指します。

特色

 当法人は、昭和40年に精神科の病院として渕野病院を開設し、昭和55年に認知症専門病院として緑ヶ丘保養園を開設、以来介護老人保健施設や統合失調症の方のグループホーム等を併設し、機能の充実を図ってきました。

渕野病院は、関アジ・関サバで有名な豊予海峡、および風光明媚な別府湾に面した安らぎの環境にあり、かつ交通の面では、JR日豊本線坂ノ市駅より徒歩3分という、通院には大変便利な立地といえます。病院周辺の区画整理事業も完了し整然と清潔感のある町並みに変貌し、入院患者さまの療養環境も大きく向上しています。

また、緑ヶ丘保養園は小高い丘の上にあり、大分市街が一望できる景観で、近隣にはキャノンが自然環境に配慮した最新鋭の工場群を建設し、一大情報集積地帯に変わりました。

地域の方々とのふれあいを通じて、精神医療への理解を深めるよう努力しています。

さらに平成18年より訪問看護を始め、退院後のケアの充実にも力を入れ、常にサポートできる体制を作っています。

今後も患者さまの立場を心がけ、ご満足いただけるよう更なるサービス向上を目指します。

沿革

昭和40年 11月 1日 精神科・渕野病院(70床)を開設
昭和41年 5月 6日 渕野病院を105床に増床
昭和42年 11月 6日 渕野病院を112床に増床
昭和43年 6月 1日 渕野病院を141床に増床
昭和45年 8月 21日 渕野病院を176床に増床
昭和55年 3月 1日 精神科・緑ヶ丘保養園を19床の有床診療所として開設
昭和58年 7月 1日 緑ヶ丘保養園は70床の病床許可を得て、病院として開設
昭和59年 4月 1日 医療法人社団淵野会を設立
昭和61年 2月 25日 緑ヶ丘保養園を170床に増床
平成元年 10月 1日 老人性認知症疾患治療病棟50床を全国で初めて緑ヶ丘保養園に開設(220床に増床)
平成4年 6月 25日 介護老人保健施設グリーンライフ(100床)を開設
平成6年 1月 1日 緑ヶ丘保養園を260床に増床
平成8年 6月 1日 老人性認知症疾患治療病棟100床、老人性認知症疾患療養病棟
50床の認知症疾患専門病棟の運用を開始
平成9年 6月 1日 老人性認知症疾患治療病棟100床、老人性認知症疾患療養病棟
106床として認知症疾患専門病院の機能を強化する
平成10年 1月 7日 渕野病院新築移転
平成14年 9月 1日 渕野病院187床に増床
緑ヶ丘保養園270床に増床
平成15年 8月 1日 渕野病院リハビリテーションセンター開設
重度認知症患者デイケア開始
平成16年 8月 1日 精神科デイケア(小規模)開始
平成16年 4月 1日 精神障害者社会復帰施設福祉ホームB型「あすなろ」(定員20名)開設
※現在はグループホーム
平成20年 5月 25日 住宅型有料老人ホーム ヴィラァ フェリシタ開設
平成21年 7月 7日 県指定事業 大分県認知症疾患医療センター(地域型)開設
平成27年 11月 1日 渕野病院 開院50周年を迎える

PAGE TOP