大分県認知症疾患医療センター
センターについて事業内容運営体制
認知症疾患医療センターの事業内容


専門医療相談  ※相談は無料です。お気軽にご相談ください。
  • ・認知症に関する心配ごとや困りごとについて、ご本人やご家族
     関係機関からのご相談に、専任の相談員(精神保健福祉士等)
     が応じます。
  •  
認知症の鑑別診断・治療  ※診断希望の方は事前の予約が必要です。
  • ・面談や知能/画像検査などにより、認知症の診断を行います。
  • ・診断結果に基づき、個々に適した治療を行います。
  • ・状況によって、他の医療機関や介護施設等のご紹介もいたします。

身体合併症・周辺症状への急性期対応
  • ・身体合併症(糖尿病等)や、周辺症状(幻覚・妄想・暴力等)
     が激しい場合の対応を行います。(入院治療含む)

医療機関との連携
  • ・県内の二次医療圏域にある地域認知症専門医療機関との連携。
  • ・認知症についての知識を広めるため、研修会を開催。
  • ・身体合併症の対応や、より詳細な診断を行う際の連携。

  •   (連携/協力医療機関)
      ※大分医療センター
      ※大分岡病院
      ※大分東部病院 他
     
認知症医療センターとは

地域において、介護との連携を図りながら、認知症患者に対して適切な専門医療を提供する体制を確保するため、国が平成20年度から推進している事業です。

PAGE TOP